建学の由来と理念

日本は明治維新後、西洋文明を積極的に受容し、社会の近代化を急速に推進してきました。このため社会は大いに伸張を遂げましたが、あまりに急激な近代化であったため、伝統文化を破壊し、軽視する傾向さえ生じました。日露戦争後には、国内問題が悪化し国民意識が変化するなかで、さまざまな社会問題が発生し、深刻な社会不安を惹起するようになりました。
このような当時の社会状況を憂い、柴田德次郎、阿部秀助、花田大助、喜多悌一、上塚司らの青年有志たちは、「言論」と「教育」をもって国家の繁栄と国民生活の安穏に資することを目指し、日本の「革新」をはからんと、「社会改良」と「青年指導」を目的として「青年大民団」を組織し、1917(大正6)年、「活学を講ず」の宣言とともに、私塾「國士館」を創立するに至りました。
創立者たちの狙いは、「国士舘設立趣旨」で謳(うた)われているように、吉田松陰の精神を範とし、日々の「実践」のなかから心身の鍛練と人格の陶冶をはかり、国家社会に貢献する智力と胆力を備えた人材「国士」を養成することにありました。
以来、「国士」養成を理念として、学ぶ者みずからが不断の「読書・体験・反省」の三綱領を実践しつつ、「誠意・勤労・見識・気魄」の四徳目を涵養(かんよう)することを教育理念に掲げ、さまざまな分野で活躍する人材を世に輩出してきました。
今日、国士舘は、このような建学の志を大切に継承しながら、新たに発展を遂げた研究教育の諸領域でも、知識と実践の水準を高めつつ、世界の平和と進歩を目指し、現代社会に積極的に貢献する真摯(しんし)な努力を続けています。

建学の精神

日本の将来を担う、国家の柱石たるべき眞智識者「国士」を養成する

教育理念

「国士」養成のため、四徳目「誠意・勤労・見識・気魄」を兼ね備える教育を行う。

  • 「誠意」とは、真心と慈悲の心で、世のため、人のために尽くすこと
  • 「勤労」とは、向上心を持って、誠実に仕事をすること
  • 「見識」とは、道理のもと、物事を見抜く力をもつこと
  • 「気魄」とは、信念と責任を持って強い心でやり通す力のこと

教育指針

四徳目を備えるには、不断の「読書・体験・反省」を実践し「思索」すること。

  • 「読書」とは、善き書物に学び、世の中や自然界の真を理解すること
  • 「体験」とは、智恵を持って善悪を判断し、善なる判断を実行すること
  • 「反省」とは、何事も行った後、その行為を省みること
  • 「思索」とは、省みた内容を検討し、次なる目標を立案すること

「建学の精神」現代的表現

「物質文明」を統御する「精神教育」を重視し、「心身の修練」と「知徳の精進向上」を目指し、国家社会の将来を思い、世界の平和と国家社会の改革向上に貢献する人材、即ち「国を思い、世のため、人のために尽くせる人材『国士』の養成」を目指す。

「国士」現代的表現

深く日本の将来を考え、国の常識に基づいて、世のため、人のために尽力する紳士・淑女、即ち「誠意・勤労・見識・気魄」の四徳目の涵養に努め、如何なる威武にあっても、如何なる誘惑にあっても、智力と胆力を持って、私心を棄て公のために資する、見識ある平衡を得た常識人・人格者を言う。

国士舘の教師陣

国語科教員

国語科では、生徒の進路希望に応じた大学受験から一般就職対策まで対応することのできる、厳選された教材を用いた授業を展開しており、基礎学力の充実から大学進学に向けた学力の拡充を行っています。また、日本漢字能力検定の受験を全学年全員参加で義務づけ、試験対策として過去に実施された問題を自学課題として取り組ませ、個々の合格率の向上を図っています。

英語科教員

英語科では、「異文化理解」を目的とした、文法・音声・外国語を読み解くための技術の3つを軸に授業をしています。文法では、「英語がどのような構造をしているのか」をとらえていきます。音声では、日本語と異なる発音の仕方に触れ、その特徴を学びます。外国語を読み解くための技術では、文法の知識も活かしながら、英文理解に必要なテクニック等を学んでいきます。

数学科教員

入学後の1学年に対して、授業においてはTT(チームティーチング)を実施し複数指導者による準個別指導により学習修得の確認を徹底しています。時間割外実施の個別補習により、振り返り学習を実施しています。TT、個別補習の指導者には国士舘大学理工学部所属の学生と2、3学年の理系生徒を選び、教えることの楽しさ難しさを体験してもらい、教育現場への人材育成の一助ともしています。

理科教員

国士舘大学を目指す生徒への学習展開を行っています。

  1. 文系は『生物基礎』と『化学基礎』より科学の応用に目を向け、環境保全はどうするかを主軸に文系的アプローチ(経済的持続性)より、感情的な環境保全とは一線を画す授業展開をする。
  2. 理系は『生物基礎』、『化学基礎』、『物理基礎』を学んだ後に、高次の理科科目にて環境負荷の少ない技術開発のためには何を学ぶかを考え、進路を含めた授業展開をする。
社会科教員

国士舘高等学校昼間定時制課程の社会科は、まず小中学校の学習内容を復習しつつ、高校レベルのより深いところまで踏み込んで知識を発展させていきます。その際に人物の肖像画・写真・グラフ・図解などの資料をふんだんに用いて、生徒がより視覚的に学習できるように取り組んでいます。そして与えられた知識から様々な物事について考える機会を設け、一人の「公民」として様々な社会問題に対する意見を構築する力の育成を目指しています。